塗り薬が副作用があった人におすすめする育毛剤

リアップ

リアップの主成分であるミノキシジルは、育毛に必要な頭皮の血行改善に効果があり毛根の活性化で育毛、発毛効果を発揮する成分であり、AGA(男性型脱毛症)に限らず、女性に特有の脱毛症にも効果を発揮する育毛剤です。
AGA(男性型脱毛症)と診断されると、AGAに特化した内服薬と塗り薬の一種であるリアップを組み合わせで処方される場合が圧倒的に多いですが、リアップ単独でも頭頂部に対しては大きな効果を発揮しますが、男性型脱毛症に特有の生え際への効果はそれほど大きくはなく、むしろ低血圧を招くなど様々な副作用の心配があり、循環器系の重篤な症例も報告されています。AGA(男性型脱毛症)の改善手段としてリアップを用いるにあたっては十分な注意が必要です。病院治療は専門医の診断がある点で安心な部分もありますが、現在は病院に頼らなくても市場に副作用の少ない育毛剤が色々と出てきています。

ポリピュア

ポリピュアは、独自の技術であるバイオポリリン酸を主成分とする育毛剤です。生体内にもあるポリリン酸から、研究開発の結果生まれた化合物であるポリリン酸は、生体内成分をもとに開発されたものなので安全性が高いだけでなく、人体への適応性にも優れていると考えられます。さらにポリピュアでは、抗炎症作用を持つ成分として育毛剤以外にも広く実績を持つグリチルリチン酸2K、ニンジンエキスに加えて、血行改善効果があるセンブリエキスなど、天然成分を配合しています。新しい独自技術であり、バイオポリリン酸の効果をリアップと正当に比較するためにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、ポリピュアはリアップよりも安全性を重視した選択とは言えるはずです。

LPLP

LPLP薬用液も副作用の少ない育毛剤の例としてあげることができるものです。LPLPのシリーズでは薬用シャンプーやトリートメントもありますが、育毛剤の範疇としてはLPLP薬用育毛エッセンスがあります。有効成分としてあげているのはグリチルリチン酸2K、パントテニルエチルエーテル、タマサキツヅラフジアルカロイド、センブリエキスです。グリチルリチン酸2Kはポリピュアで述べた通りですが、パントテニルエチルエーテルはビタミンB群の化合物であり成長促進作用があり、特に危険な成分ではありません。その他海藻抽出成分のフコイダンの使用に特徴があります。 やはりAGA(男性型脱毛症)に特化しているわけではありませんが、実績のある有効成分を配合し安全に使える育毛剤の例と言えます。

ナノインパクトプラス

ナノインパクトプラスは、独自のナノカプセル技術を用いることにより、育毛作用を持つ成分を、いかに効果的に頭皮や毛根に届けるかという課題に対してアプローチされた育毛剤です。育毛に作用し得る成分を微細化されたカプセルに内包することによって頭皮の隅々まで届けることが出来、頭皮に届いてからpHの違いに反応してカプセルが分解し、そこから効率的に有効な成分が供給されるところに特徴があります。エチニルエストラジオール、トコフェロール酢酸エステル、センブリエキスが有効成分として挙がっていますがエチニルエストラジオールは男性ホルモン抑制剤で、AGA(男性型脱毛症)に対する効果が期待される成分です。内服には注意が必要な成分ですが、外用であればリスクは低いと考えられます。トコフェロール酢酸エステルはビタミンE誘導体で多くの実績があります。その他は天然成分でまとめられ、副作用の懸念は小さいと言えます。