AGAと診断される薄毛のタイプ

まず、生え際から薄毛が進行するのはAGA(男性型脱毛症)の典型的な状態です。AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモン(テストステロン)の作用によって起こる薄毛ですが、男性ホルモンが毛根組織に影響を与えるには5αリダクターゼによって活性型に変換されなければなりません。この5αリダクターゼが前頭部には多く発現するのです。よって活性型のテストステロンが発生しやすい前頭部の生え際から薄毛が進行しやすいのです。薄毛の進行はまず髪の毛が細くなっていくことから始まります。もし前頭部の髪の毛が細くなっていくと髪を短く切った時に抑えた時の反発力が小さくなったりします。このような状態になってしまった場合にはAGA(男性型脱毛症)を疑いましょう。生え際の薄毛に関しては、生え際の特徴を知ることが治療効果や薄毛の進行度をチェックする上では重要です。例えば私の場合には生え際にほくろがあるので、その位置を目印に薄毛が進行していないかチェックしています。

頭頂部から薄毛が進行するのもAGA(男性型脱毛症)の代表的な状態です。これは前頭部と同じメカニズムで頭頂部の薄毛が進行します。つまり頭頂部には5αリダクターゼが多く発現しており、その影響で頭頂部に多くの活性型テストステロンが産生され、頭頂部に大きな影響を与えるのです。ただこの部分に関しては自分の目視では確認しづらい場所です。ですから、自分以外の誰か(毎日観察できる人、特にパートナーがよい)に進行度合いをこまめに確認してもらうのがいいでしょう。またつむじのあたりを誰かに写真を撮ってもらって、それを定期的に確認し、昔の写真と比較するのもいいでしょう。もし1人の場合にはヘアセットをする時の髪の毛の様子を観察しておくといいです。薄毛が進み、髪の毛が細くなってくると、トップ部分の髪の毛の立ち具合が弱くなってきます。スタイリング剤を付けるとその重みで毛が倒れて、時間がたつとボリュームがなくなってしまったりします。

AGA(男性型脱毛症)では主に上記の2つのパターンが多いです。前述の通り、5αリダクターゼが前頭部と頭の頂点部分に多く発現し、側頭部や後頭部にはあまり発現しないためです。しかし髪が全体的に痩せ細ってしまう場合もあります。この場合にはAGA(男性型脱毛症)のメカニズム以外にも、毛穴に汚れが詰まってしまっていたり、シャンプーかすが残ってしまっていたりするといった原因も絡んできます。このように毛が全体的に痩せ細った場合には、プロペシア(フィナステリド)などによる治療以外にも、シャンプーの習慣も改善していくことが重要となってくると私は思います。例えばノンシリコンのスカルプシャンプーに変えてみたり、シャンプー後の洗い流しは入念に行うことなどに気を付けましょう。また整髪剤を使用した日には特に入念にシャンプーをするようにしましょう。また洗髪後に髪を乾かさなければ、水道水が頭皮に残り悪影響があるので、ドライヤーをかけるようにしましょう。